賃貸を解説していきます

賃貸アパートでも電気を選べます

賃貸アパートでも電気を選べます

電力自由化と言うのは電力会社を選ぶことが出来る新しい試みになりますが、電力自由化と言うと一戸建て住宅などに住む人のみと言ったイメージが在りますが、賃貸アパートなどの場合も電気を選ぶことが出来る時代になっています。
因みに、賃貸アパートの多くはネット回線が室内まで工事済みになっており、ネット回線のプロバイダーは部屋を借りた人が自由に選ぶことが出来るようになっています。
電力自由化についても同じで、電気工事は部屋の中では完了しているため、後は電力会社を選べば良いと言う事になるわけです。
建物内部には既に配線が行われているので、ニーズに合う電力会社を選ぶことで月々の電気料金の節約にもなりますし、最近は賃貸アパートなどでもオール電化の物件が登場しており、ガスの基本料金がかからないなどの理由からも人気を集めています。
また、電力会社を選ぶ場合、賃貸アパートの大家さんなどに対して許可を得ることなく選べると言うメリットも在ります。

賃貸アパートはガスの種類が重要です

賃貸アパートを選ぶ際に、間取りや立地条件、家賃などはとても詳しく調べておくことは当然なのですが、その物件のガスの種類についてまでしっかりと確認することも必要です。
ガスの種類が違うと、今まで使用していた機器が使えなくなるためです。
特に郊外や地方においてはLPGを使用している賃貸アパート物件が多く、都市部から移住する場合には注意したほうが良いでしょう。
LPGは火力が強く、調理時間や湯沸かし時間が短縮できるなど、料理が好きな人にとってはメリットも大きいのですが、基本料金や使用料金が一般的に割高となる傾向があります。
日常のコストを抑えたい場合は、リーズナブルな都市ガスの物件を選ぶのが良いと言えます。
逆に料理にこだわりたい人にはLPGの高火力は魅力的です。
都市ガスが整備されている地域でもLPG物件がある場合も多々見られます。
それぞれのメリットやデメリットをおさえ、自分のライフスタイルに合った物件を選択するようにしましょう。

Valuable information

塾を宮原で見つける

最終更新日:2018/8/9